予備知識なこと

ワーキングホリデーは可能??対象となる日本人と学歴の条件とは

シンガポールに生活し働くためには様々な方法がありますが、そのうちの一つにワーキングホリデーという手段があります。ワーキングホリデーとは、両国の間で取り決められた制度で、若者が該当国についての理解を深めるために、一定期間居住しつつ、定められた職種の中で仕事もできるというもので、専用のビザが与えられます。日本からは様々な国にワーキングホリデーを利用していくことができますが、シンガポールもその一つの国です。

しかし、シンガポールへのワーキングホリデー利用は他の国々とはだいぶ異なっています。その大きな特徴の一つが、制度利用の条件が特定の大学の学生もしくは卒業生でなければならないというものです。しかし、指定された世界の大学ランキングで200位以上に入っている大学のみとなっていて、かなり狭き門と言えます。というのも、現在日本においてそのランキング内に入っているのは11大学だけですので、この大学の学生か卒業生のみがワーキングホリデービザをもらえるということになります。

この条件の目的ははっきりとしていて、優秀な人材を招くことでシンガポールの発展を促すというものです。もちろん、こうした限定を行うことで移民関連の問題を未然に防ぐということもあります。シンガポールのワーキングホリデーでは、医師などの資格が必要な職業でなければどの職種でも行えるので、自由度が高いのがうれしいところです。また、様々な国の文化や言語を1カ所にいながら学べるというのが最大のメリットでしょう。

ワーホリ制度はしばしば変更になる可能性があり、最新情報はシンガポール国のページをご確認下さい。

0

日本とシンガポールの関係で産業の活性化が見込まれている

シンガポールは観光産業が活性化し、今や多くの外国人が入国しているといわれています。その理由は、2015年12月にカジノで成功したことが大きく関係しており、2009年の入国外国人1,000万人弱に比べると10%以上も伸びています。もちろん日本からの訪問客も年々増加傾向にあり、2010年から2011年にかけては前年よりも約24.3%も増加。シンガポールには大手2社のカジノが存在し、それぞれが戦略的に棲み分けを行っていることで、成功に繋がっています。それは今も尚拡大しており、シンガポールの観光産業を大きく活性化させているのでしょう。2社は、それぞれファミリー層向けとビジネスマン層向けにターゲットに分けられます。さらに、ファミリー層向けのカジノはユニバーサル・スタジオ・シンガポールと隣接しており、大人から子供まで娯楽を楽しむことができます。

こういった観光産業の活性化もあり、外国からのシンガポールへの投資額も跳ね上がっています。なかでも日本と英国は、肩を並べるほど。日本は各国へ投資を行っていますが、そのなかで第3位がシンガポールです。ちなみに、第1位は米国、第2位は中国。また、シンガポールは2.4兆の市場を持っているという大きなメリットがあります。そのため、国家としても安定しており、信頼度が高く経済や産業は上々といえるでしょう。政治や行政などの信頼性や確実性は、日本の企業にとって多大な魅力といっても過言ではないと思います。

経済や産業が好調のシンガポールは、今後も大きな成長が期待できる国です。それは、経済が上々というだけでなく、教育水準が高く語学能力が高い人が多いからでしょう。日本企業にとって、中国語や英語も話せ、さらには中国の文化を知っている人材が豊富なシンガポールは重宝されるに違いありません。アジア各国の足掛かりとしても、シンガポールと日本の関係はどんどん深まっていくのではないでしょうか。

0