シンガポール転職も、駐在員の立場が注目される理由

singapore-image

日本からシンガポールに異動して駐在員として勤務する場合、給料などの待遇はどうなるのでしょうか。基本的には現地採用スタッフとは異なり、駐在員は日本基準の給料体系を取っている企業が多いので、あまり大きな違いが生じないケースがほとんどでしょう。しかし、保険や年金などの公共サービスの違いや、住居や車維持にかかる費用などが異なるため、手当という面で変化をつけている企業が多くなっています。

まず、シンガポールでは、乗用車を持つためには多額の税金を払う必要があり、日本で車を買うよりも何倍もコストがかかります。この国は公共交通機関が発達しているので、車を持たなくても十分生活できるとはいえ必要になることも多いので、交通費または車のための手当や援助を行っている日系企業も多くあります。駐在員として現地に根ざして生活とビジネスを行っていくわけですから、こうしたバックアップを行っている企業を見つけて転職を考えるのは大事です。

また、日系企業の多くはシンガポールの中心地にオフィスを構えていますが、中心地は大変家賃が高くなっています。そのため、通勤に便利で安全な地域を選ぶとどうしても高額な家賃が発生してしまいます。そのため、大手の日系企業では駐在員を会社借り上げの、いわば社宅に住んでもらうことが多くなっています。その方が、異動の際にも様々な面倒な手続きをせずに済みますし、会社としても安全を確認できますのでメリットが大きいのです。

駐在員は現地採用よりも手当も待遇もよく仕事をする生活インフラが整っており求人は狭き門となる傾向があります。仕事の情報を得たらすぐアプローチできるように転職サイトを使って手配しておくと良いです。(参考:シンガポール転職はコレで実現)応募先企業は日本企業なので国内で転職活動ができます。

SNSでもご購読できます。