経理・財務など事務職での転職活動のあれこれ給与や待遇面も

シンガポールは貿易と金融の中心地として、大きなマーケットを形成しています。そのため、日本からだけでなく世界中から金融や財務の企業が集まっています。こうした状況にあるため、経理や財務の求人は大変多く、スキルに応じて様々な職種を選べることも、就職希望先の選択肢を増やすことができる理由となっています。

経理の職を探しているのであれば、まず日系企業の通常事務の一部としての業務を探すか、国際的な基準に従った業務を行える職場を探すかの選択をすることになります。シンガポールにはたくさんの日系企業がありますので転職をする価値はあります。企業内で普通の事務仕事として財務管理に携わることもできます。その際には、高度な専門知識やスキル、言語力といったものはあまり必要なく、日本国内で求められるようなもので十分です。そのため、より就職希望先の幅が広がります。専門スキルが必要とされない分、一般事務職と同じくらいの待遇で、SGD2800くらいからの給与が多くなるでしょう。

もう一つは、国際会計や高度な財務管理ができる人材となり、この場合は貿易関連の会社や商社、金融機関での勤務が可能となります。この分野のスペシャリストとして需要も多く、当然待遇も良くなります。業種や経験により給与は異なりますが、SGD5000という設定をしているところもあります。また、長期間業務を行ってほしいという企業の思惑もあって、住宅手当や社宅制度の適用がされることもあるので、より快適な生活を送ることもできるでしょう。

SNSでもご購読できます。